アニメ、漫画、ゲームなどをさっくりと、時にはざっくりと語るブログ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涼宮ハルヒの消失
それでは、前の記事で予告したとおり映画の感想。まずネタバレに入る前に一言…

消失長門が可愛すぎて生きていくのが辛い…
正直、無機質で感情の起伏が少ない長門を演じてきたみのりんが消失での長門をどのように演じるのか不安があったわけですがまったくの杞憂でしたな!普段の長門ももちろん好きですが、消失の長門はめちゃくちゃ可愛く、かつ長門っぽさも残していて文句のつけようがなかったです。おかげで漫画の長門有希ちゃんの消失での長門の声をこれからは脳内再生できますよw

では、ここから感想に。といってもたいしたものではないのでご了承をw
※ここからはネタバレを含むのでまだ映画を見ていない方はご注意ください。



●ストーリー
消失はハルヒシリーズの長編の中でもたぶん一番短い話なわけですが、ここまで原作に忠実にしっかりと作られていたのは見事だったなと感じました。
2時間40分とハリウッドの大作ばりの長さでも物語が進むにつれてどんどん作品に引き込まれていったので、まったく途中だれることがなく見続けることが出来ました!
最初に原作に忠実と書きましたが、唯一(?)の改変ポイントとしては終盤の病院でのキョンと長門のやりとり。原作ではキョンの病室だったわけですが、映画では病院の屋上になっていました。消失における最後の見せ場になるシーンなのでキョンと長門のやりとりを盛り上げる上で、この改変はよかったです。
そしてこのシーンで好きなのはキョンが「ゆき」と言う所。キョンの中では降って来た「雪」のことを言っていたんでしょうけど長門は「有希」と名前を呼ばれたと思って、ちょっと驚いた感じで(?)キョンを見上げるところはなんか好きw
でもあのときの「ゆき」の発音は「雪」じゃなくて「有希」なんですよねぇ。


●演出
消失の演出において、一番気になったのはキョンが目覚めるときに毎回画面がキョン視点でまぶたを開くところから始まるところ。これはキョン=視聴者というのを意識づけるためだとかなんとか?というのをどこかで見た気が。
あの演出があるせいなのかは、分からないけど世界が改変されて誰もがハルヒのことを忘れてしまっている中でキョンだけが元のままであるために周囲から頭がおかしくなったと思われ、キョンが孤立している姿に視聴者が感情移入しやすくなっている感じがしました。
あとは、そのキョンに対する周囲の反応がよかったかな。元の世界ではキョンに対してめちゃくちゃ優しいみくるが、突然手を握ってきたり、「俺の朝比奈さんですよね!?」とか言ってくるキョンのことを物凄く気持ち悪そう&怯えて見るのはキョンを絶望させる意味で容赦がなくてよかったです。まぁそりゃ知らない人間に唐突にあんなに迫ってこられたら当然の反応だけどw
他は、あ~あれだ!

            i⌒i ――そんな非日常な学園生活を 、
      ./ ̄\ | 〈|     お前は楽しいと思わなかったのか?
      | ^o^ | / .ノ||
      ,\_// ii|||| バチーン!!
    / ̄   / iii||||||  バチーン!!
   / /\   / ̄\ii||||      .'  , ..
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \从// ・;`.∴ '     
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__〉 < ,:;・,‘  
  ||\        / ̄\.' , ..
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ | ^o^ | 楽しかったに決まってるじゃねえか。
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄, \_/ 解りきったことを訊いてくるな
    .||      / ̄   ̄\         
         / /\   / ̄\
       _| ̄ ̄ \ /  ヽ \_ 
       \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__〉
        ||\          \
        ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
        ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
           .||              ||
このシーンは笑うところですか?w
というか映画を見に行く前にこのAAを見てしまったのが原因。シリアスシーンなのにギャグに見えてしまい笑いそうになって危なかった(^^;


●音楽・作画
OPは一期の「冒険でしょでしょ?」、EDは「優しい忘却」。
久しぶりに聴いたけど、やっぱり曲は一期>二期なんだなぁ。二期OPも悪くないけどハルヒというと「冒険でしょでしょ?」だと認識させられましたな。
で、EDですが、長門の気持ちとそして消失という作品そのものをよく表していてジーンとさせられる曲でした。しかし消失ver.長門といい、「優しい忘却」といい、みのりんはホント凄かった!
で、作画ですがここはただでさえ作画クオリティの高い京アニのさらに本気を見せられ、この消失にかける気合が伝わってきました。


●総評

長門好きにはたまらない映画!
一緒に行った友人も「長門好きな人には最高の映画だろうな」と言っていましたが、普通にあらゆる面で高水準の映画なのはもちろんですがそこで長門のことが好きというのがプラスされればこれ以上のものはないだろうという感じですなw
本来ならもう一回見に行ってフィルムもゲットしたいところだけど、いかんせんこのところ出費が多いからな~どうしよう?まぁ2回、3回見ても十分面白い映画なのは間違いないかと。あ~早くDVDorBD出ないかな。
ちなみに観に来ていた層は男女比7:3くらいかな?年齢は中学生くらいからおっさんまで幅広く。作品自体の評判がいいのはもちろん、なんだかんだで幅広い層に支持されているんだな~と思いましたな。
とにかく、ホントに素晴らしい作品でした!ハルヒファンでまだ観ていない人がいるならぜひ観ていただきたいですなw


にほんブログ村 アニメブログランキング参戦中!
にほんブログ村 アニメブログへ
↑押してもらえると管理人が泣いて喜びますw

コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
こんばんは、Twitterを見て来ました。
初めてコメントさせていただきます。

ハルヒは特に思い出深い作品です。何と言っても地元(兵庫)が舞台で、しかもそれっぽいのではなくそのまんま使用されている部分が多く、いまやジモッティの自慢ネタの一つです♪

オイラが良かったと思ったのが、とにかく朝倉涼子が「なんか不気味」に描かれていた事…
生理的に不気味、という意味じゃなく、あえてカメラをぶらしたりエレベーターの中を長く描いたり(実際は7階から5階に降りるだけなのに)、そして最後は…
今回の朝倉は急進派の朝倉じゃなく長門が作った朝倉なので、ある意味「もう一人の長門」なんですよね。
長門は少なからず彼女に憧れていて、一連のあの行動も、長門の「キョンが他の女のものになるくらいなら、いっそ殺してしまおうか」という無意識な思いが具現化したもの?と考えると、なんか切ないですね。

ラストの病院のシーンはオイラもお気に入りの一つです。
やはり病室の中より、神戸の美しい夜景をバックにした方がドラマチックですもんね!
「ユキ」の台詞は、オイラもちょっとドキッとしました。発音的には確かに「ユキ↓」でしたもんね。
ただ、「ユキ」の後「(が降ってきた)」と脳内補完してみるとあまり違和感ないので、本当に微妙なイントネーションなんだなぁと思いました。

オイラは今回レイトショーで観たので、周りは大人ばっかりで各々の反応が面白かったです。
どうも初めてハルヒを観たor原作を未読な方もかなりいたようで、「犯人が長門だなーというのはすぐわかったわ」とか言う声が聞こえて、内心「この作品の意図をわかってないなー」とか思っちゃいましたが、逆にこれから理解していって、この映画をきっかけにハルヒにハマッてほしいなぁと願ってしまいました。
ただ、「この映画は原作(TVシリーズ)見てないとわかりづらいな」という声には何とも言い難いものがありました。たしかに、それだけが唯一の難点と言えますし…
でもまぁ、原作もTVも見てないのに映画を観てくれた事は有難いなと感じました。

長々とコメントしてしまい、申し訳ありませんでした。
ハルヒの事となると、つい…(^_^;
TVの方も、消失以降がアニメ化してくれるといいですね!
では、この辺で…
2010/03/14(日) 20:16 | URL | ふじもっち #LKD/1TcI[ 編集]
>ふじもっちさん
>こんばんは、Twitterを見て来ました。初めてコメントさせていただきます。
おぉ、Twitter経由できていただけるとは!コメントありがとうございます!

>いまやジモッティの自慢ネタの一つです♪
茨城はアニメなどの舞台になることがほぼゼロなので、ホント羨ましいですよ~

>とにかく朝倉涼子が「なんか不気味」に描かれていた事…
たしかに!こう言葉で何がどうとは言い表せないんですが、とにかく不気味でしたよねぇ。

>ある意味「もう一人の長門」なんですよね。
なるほど、引っ込み思案な消失長門の代弁者的なポジションでもありますね。長門が望んだからこそ再び朝倉が登場したわけですし、うーむそう考えるとホント切ない。

>やはり病室の中より、神戸の美しい夜景をバックにした方がドラマチックですもんね!
たしか映画の消失は、ラブストーリーとして作られているらしいのでそうなるとやっぱり病室よりも雪の降る中で、かつ背景には神戸の夜景という方が絵になりますからね。あれは最高の改変だったと思います!
長門好きの私としては不覚にもこみ上げてくるものがありましたw

>初めてハルヒを観たor原作を未読な方もかなりいたようで
話題に乗って見に来たみたいな初めての人も結構いたみたいですね(女性が多いっぽい?)。
とはいえ、やはりせめて予備知識として最低笹の葉までは知らないとキツイでしょうね。

>「犯人が長門だなーというのはすぐわかったわ」とか言う声が聞こえて、内心「この作品の意図をわかってないなー」とか思っちゃいました
たしかに話の展開を考えれば犯人=長門というのはすぐに思い浮かぶけど、憂鬱からずっと長門のことを知っている人たちからすれば、犯人は長門っぽいけどまさか長門がそんなことをするわけが…ってなりますからね。実際原作の消失を読んだときの私がそうでしたし。
それにこの物語の趣旨は犯人探しが目的ではなく長門の変化とキョンへの気持ちが一番の重要なことですからね。

>原作もTVも見てないのに映画を観てくれた事は有難いなと感じました。
たしかにわざわざ観に行ってくれたのは嬉しいですね。評判も結構良かったらしいですし。

>ハルヒの事となると、つい…(^_^;
>TVの方も、消失以降がアニメ化してくれるといいですね!
全然かまいませんよ!私もハルヒは大好きですし、こうして気持ちの入ったコメントをしていただけると記事を書いた甲斐もありますからw
驚愕の一部発表も決まりましたし、消失の勢いのままアニメ三期も期待したいですね!
2010/03/18(木) 04:30 | URL | TAKA #KveKHaDw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog29taka.blog107.fc2.com/tb.php/1005-31e129e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。